生活への侵害

ねずみと罠

ねずみ退治に関して知っておくべき情報を探る

ねずみを屋内で発見した場合には、人への被害を止めるためにも、ねずみ退治をしておく必要があります。姿を発見できなくても、黒い小さなフンがあったり、尿の臭いなどがきつく発生している場合があります。天井に住み着いている場合には、音などが一番わかり易いですが、壁の間を通っているケースなどもありますので、気配を感じたら、ねずみ退治をする事が望まれます。ねずみ退治に関しては、『まずは侵入口を見つけろ』とよくいわれますが、必ず屋内と屋外を結ぶ入り口が存在しているという事です。侵入口については、大体1.5センチ位の穴さえあればねずみは侵入できるといわれています。壁を伝い歩きする事もできますので、足場などに注意しながら、様々な方面から侵入口を捜し、出ていったと思ったら必ずそこをふさぐ様に準備してください。

実施した場合のメリットについて検証する

ねずみ退治を実施した場合のメリットについては、まずは安全な生活が守られます。ねずみが夜に活動する騒音に悩まされる事がなくなりますので、安眠に繋がり、健康的な生活を送る事ができる様になります。ねずみの習性として、食べ物その他をかじるなどがありますので、その様な被害からも開放される事になります。ねずみがかじったものについては、サルモネラ菌やノミ・ダニなどによる被害も考えられますので、ねずみ退治を実施する事で菌を撒き散らす事を防ぐ事ができます。また、ねずみは雑食性のため、古くから家畜などにも被害が出ていました。屋外で動物を飼育している場合には、その被害を食い止める事ができます。酪農や農家などの場合には、取り扱うものが多くの消費者に流通しますので、大きな被害を防ぐ事にも繋がります。

Copyright © 2015 ハクビシンや鳩の対策方法〜地域環境を守る〜. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加